リハ実践ポケット手帳~PT・OT・STのリスク管理

監修
:聖マリアンナ医科大学病院リハビリテーションセンター
編集
:横山仁志
著者
:渡邉陽介 最上谷拓磨 佐々木祥太郎 寺尾詩子
  八木麻衣子 畑中康志 鈴木智裕 岩澤裕之 西山昌秀
  根本慎司 笠原酉介 中田秀一 横山仁志 音部雄平
  平木幸治 海鋒有希子 堅田紘頌 水野紗里江
  杤本しのぶ 松嶋真哉 小山真吾(執筆順)
ページ数
:300頁(予定)
判型
:B6変形判 2色
ISBN
:978-4-908933-33-2
予価
:2,970円(本体2,700円+税)
発行年
:2021年7月



(送料無料)

   
※2021年 7月上旬に発刊後、ご発送いたします。


内容

学生・ベテランを問わず、リスク管理における必携のお守りが遂に完成!!

 「リハビリテーションは,リスク管理から始まり,リスク管理に終わる」と誰が述べたか不明だが、さまざまな疾患・合併症をもつ対象者と接するセラピストには、非常に大切な訓辞であろう。例えば、高齢者特有の問題や各疾患の特異的リスク、治療薬の副作用や影響、運動療法や離床時の危険因子、リハビリテーション中止の基準、主治医への報告のタイミングなど、効果的なリハビリテーションを行うには、リスク管理は必修の知識である。 本書は、臨床で押さえておくべきリスク管理について、治療頻度の高い疾患および問題状況を中心に要点を絞って、大切なポイントをわかりやすく解説。早速ポケットに忍ばせ、目まぐるしく回る臨床現場で、ぜひ活用してほしい。

【本書の6大特徴】
①疾患別リハに対するリスク対応が一目でわかり、安全な評価および治療が可能
②急変時の初期対応などセラピストにとって必修な技術を記載
③薬剤・検査データ・医療機器などの必要な知識を網羅
④単なる資料集ではなく,経験豊富な臨床家の視点・コツを解説
⑤いつも持ち歩けて、困った時には手が届くポケットサイズ
⑥最新のガイドラインに準拠した内容を提供
 

書籍