famosesワークブック―親と家族のためのてんかん学習プログラム

監修
:MOSES企画委員会
ページ数
:150頁
判型
:B5判 カラー
ISBN
:978-4-908933-16-5
定価
:本体1,800円+税
発行年
:2018年9月



目次

第1章 出会い-てんかんについての思いと感情
  • 1.famoses の紹介
  •  ・famoses-双方向的なプログラム
  •  ・famoses の内容-各章の紹介学習の可能性と限界
  • 2.「てんかんとともに生きる」へのアプローチ
  •  ・てんかんというテーマに対する考え方と感情
  •  ・つらい感情にどのような対処法が役立つでしょうか? 病気の克服への道
第2章 基礎知識
  • 1.てんかんの頻度
  • 2.概念の説明-発作とてんかん
  • 3.てんかんの原因と発作の誘因
  • 4.てんかん発作のとき、脳に何が起きているのか?
  • 5.さまざまなてんかん発作症状と、それらが生じるメカニズム
  • 6.てんかん発作の分類
  • 7.さまざまな発作型とその対応
第3章 診 断
  • 1.概念の説明-診断
  • 2.病 歴
  •  ・既往歴
  •  ・発作の観察発作の体験
  • 3.医学的診察
  •  ・神経学的診察血液検査
  •  ・脳波検査MRI検査
  •  ・その他の医学的検査
  • 4.てんかん症候群の分類
  • 5.鑑別診断-てんかんと間違えられる病態
  • 6.経過における検証-今後、どうなるのか?
  • 【付録】発作中の検査
第4章 治 療
  • 1.てんかん治療の総論
  •  ・治療の始まり、治療の理由、治療の目標
  •  ・治療の可能性、個別の治療戦略
  • 2.薬物治療
  •  ・抗てんかん薬
  •  ・薬物による治療の原則
  •  ・治療の効果を確認する副作用
  •  ・難しい治療状況への対応緊急薬
  • 3.薬物以外のてんかん治療
  •  ・てんかん外科治療迷走神経刺激療法ケトン食療法
  •  ・自然療法
  •  ・発作の自己コントロール心理療法
  • 【付録】抗てんかん薬一覧
第5章 予後と発達
  • 1.予 後
  •  ・予後とは予想のこと
  •  ・てんかんはさまざまな経過をとる
  •  ・発作消失のチャンスはどれくらいか?
  •  ・発作が減るとは、発作がなくなるとは、どういうことか? いつ、薬が中止できるか?
  • 2.発 達
  •  ・てんかんが運動発達に及ぼす影響てんかんが認知発達へ及ぼす影響
  •  ・てんかんが情緒的・社会的発達に及ぼす影響統合、インクルージョン
  •  ・幼稚園、学校
  •  ・特殊な場合-いじめ
  •  ・子どもがうまく育つには、何が役立つか ?
第6章 てんかんとともに生きる
  • 1.家庭における病気の体験
  •  ・親の場合
  •  ・子どもの場合
  •  ・きょうだいの場合
  • 2.家庭内でのてんかんに対する取り組み
  •  ・病気の子どもの特別さに向き合う
  •  ・決まりごとや安全措置と向き合う-自立する特殊な状況(青年期)
  •  ・家庭でてんかんについて話す周囲の人に伝える
  • 3.病気の管理
  •  ・援助を探し、援助を見つけ、援助を受け入れるさまざまな社会的援助
  • 4.展 望
  • 【付 録】
  •  ・付録①-役に立つアドレス
  •  ・付録②-文献
  •  ・付録③-用語集

書籍