エキスパート理学療法1 バイオメカニクスと動作分析

責任編集
:福井勉 山田英司
シリーズ監修
:福井勉 山田英司 森沢知之 野村卓生
ページ数
:244頁
判型
:B5判 2色
ISBN
:978-4-908933-01-1
定価
:本体4,500円+税
発行年
:2016年10月

正誤表


(送料無料)

内容

 いまの臨床技術・知識で、本当に満足していますか?

 バイオメカニクスは、物理学的法則を利用し、生体にどのような力が作用するのかを明らかにする学問であり、理学療法においても、さまざまな身体運動についてバイオメカニクス的に分析が行われている。動作分析は、理学療法評価の中でも重要項目であり、歩行分析を代表とし、臨床的に多く用いられている。しかし、バイオメカニクス的に分析された研究結果は、臨床現場での動作分析に十分に応用されているとはいえないのが現状である。

 本書では、バイオメカニクスに関する研究結果を、臨床でどのように応用し、効果的に利用するか、その具体的な理論と方法を示す。そして、逆に臨床での疑問を解決するために、どのようなバイオメカニクス的な手法を用いることが適切なのか、その可能性を示すことにより、研究と臨床の橋渡しをすることを目的とした書である。また、肩関節や股関節などの関節運動のみでなく、疾患特異的な動作、計測方法、あるいはスポーツ動作への応用など、分野を問わず、さまざま視点から捉えた内容となっている。

 記念すべき第1弾として刊行される本書が、今後の臨床応用と発展に少しでも役立ち、また本シリーズを通して自分自身の理学療法ロードマップを作ってほしい。

目次

第Ⅰ章 バイオメカニクスと動作分析の現状
  • 1.バイオメカニクスと動作分析① 福井 勉
  • 2.バイオメカニクスと動作分析② 山田英司
第Ⅱ章 バイオメカニクスと動作分析の実際
  • 1.Plantar heel painに関するバイオメカニクスと臨床展開 井野口誠之
  • 2.インソールに対するバイオメカニクスと動作分析 唐澤幹男
  • 3.足部のバイオメカニクスについて 高田雄一
  • 4.足底-踵骨滑動機構からみた動作分析 壇 順司
  • 5.変形性膝関節症におけるlateral thrustのバイオメカニクスと動作分析 井野拓実,他
  • 6.歩行のバイオメカニカルな解析に基づく変形性膝関節症患者の理学療法アプローチ 徳田一貫
  • 7.高位脛骨骨切り術後の歩行の特徴と理学療法 島田 昇
  • 8.変形性膝関節症の歩行のバイオメカニクス 山田英司,他
  • 9.変形性股関節症の進行過程と動作分析―臨床と研究の相互作用 建内宏重
  • 10.バイオメカニクスからみた股関節機能と評価 村上憲治
  • 11.肩関節の理学療法における新たなコンピュータシミュレーション 岡田匡史,他
  • 12.肩関節の病態に関連するバイオメカニクスと動作分析―何を分析し,何を目指すべきか?村木孝行 
  • 13.頸部運動療法のバイオメカニクス的解釈 上田泰久
  • 14.胸郭と上肢運動に対する動作解析装置を用いた臨床応用 廣江圭史
  • 15.スポーツ動作に対する動作改善のコンディショニング―バイオメカニクスの観点から 小泉圭介
  • 16.傷害予防に基づいた効率的なゴルフスイング動作の指導とバイオメカニクス 西村圭二,他
  • 17.野球用語を動作的に考える―「手投げ」「下半身を使って投げる」とは? 久保田正一
  • 18.動作における運動協調性 阿南雅也
  • 19.動作のタイミングと力学的解釈 近藤崇史
  • 20.脳卒中片麻痺者の立ち上がり動作に対する動作分析装置を用いた臨床応用 本島直之
  • 21.運動連鎖からみた脳卒中片麻痺と理学療法 佐藤房郎
  • 22.サッカーチームでの動作分析に基づくコンディショニング 安藤貴之
  • 23.運動器疾患理学療法のバイオメカニクス的分析 古堅貞則
  • 24.加速度計を用いたバイオメカニクス的解析 板東正記

書籍