理学療法白書2020

編集
:公益社団法人 理学療法士協会
ページ数
:176頁
判型
:B5判 カラー
ISBN
:978-4-908933-30-1
定価
:2,750円(本体2,500円+税)
発行年
:2020年12月


(送料無料)


内容

 本書は、広く一般国民の皆さまに「本会の活動」や「理学療法」をお知らせする報告書として、また本会がもつ様々な活動実績や統計・資料データに基づいた理学療法(士)の現状を中心に今後の展望を分かりやすく示した内容となっております。ぜひ、お手に取っていただけますと光栄です。

目次

第Ⅰ章 理学療法士を取り巻く環境
  • 1.2040年までの理学療法士の需給推計結果(案)
  • 2.高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施における対応
  • 3.令和2年度診療報酬改定および令和3年度介護報酬改定への課題整理と対応
  • 4.厚生労働省の各種検討会などにおける団体ヒアリングと本会からの提案
第Ⅱ章 理学療法士の養成と生涯学習
  • 1.臨床実習指導者の養成
  • 2.理学療法士の臨床技能向上事業とキャリアアップ事業
  • 3.第54回日本理学療法学術研修大会in徳島2019〜社会に認められる理学療法士
  • 4.学術大会事業
第Ⅲ章 活躍する理学療法士
  • 1.産業領域における理学療法士の業務推進に向けた活動
  • 2.「2020 職場における腰痛予防宣言!」による医療・介護現場の生産性向上の取り組み
  • 3.介護職員の生産性向上に向けた取り組みの推進
  • 4.地域包括ケアシステムへの参画状況
  • 5.学校保健・特別支援教育担当者を対象とした全国会議の開催
第Ⅳ章 国際的な活動
  • 1.国際的な情報収集プロジェクト
  • 2.アジア地域における人材育成プロジェクト〜健康・医療戦略と専門職育成支援事業
  • 3.世界理学療法連盟 学会・総会2023の開催確定
  • 4.日ASEANスマートシティ・ネットワーク官民協議会およびスマートシティ・インスティテュート
第Ⅴ章 資料・統計
  • 1.会員の性別年齢分布
  • 2.会員数の推移(男女別)
  • 3.会員数の推移(都道府県士会別)
  • 4.施設区分の経年変化
  • 5.理学療法士養成施設の変化
  • 6.年度別入会者数(10年間)(都道府県別)
  • 7.新人研修の実施時期
  • 8.新人教育プログラム臨床見学受入施設数
  • 9.地域包括ケアシステム完成に向けた協会指定管理者初級修了者
  • 10.地域包括ケアシステム完成に向けた地域ケア会議推進リーダーと介護予防推進リーダー取得状況
  • 11.認定・専門理学療法士について
  • 12.高齢者の割合と会員の全国割合(都道府県別65歳以上人口と会員数の比率)
  • 13.2019年都道府県別高齢者割合と会員割合
  • 14.生涯学習履修状況
  • 15.職場構成員による施設数
  • 16.研究助成事業
  • 17.分科学会・部門登録者数
  • 18.学術大会一覧
  • 19.演題登録関連
  • 20.世界理学療法連盟(WCPT)国別情報〜アジア西太平洋地域における日本の理学療法の状況
  • 21.理学療法士及び作業療法士法
  • 22.政令規則(一部抜粋)
  • 23.理学療法士の名称の使用について
【Topics】
  • ・診療報酬改定に、理学療法士の声を!~半田会長が中医協で専門委員に就任
  • ・リガクラボ〜毎日に笑顔をプラスするWEBメディアについて
  • ・倫理啓発ポスターの制作
  • ・世界理学療法連盟 アジア西太平洋地区(AWP)地区理事の就任

書籍